| Home | Mumble | Member | TIPS | Result | Forum | Link |



Mumble


Mumbleとは
VC(Voice Chat)ツールの一つ。フリーソフト。
MumbleはSkypeと比べて動作が軽く、多人数で会話した場合に声の遅延(タイムラグ)が少ないなどの利点がある。



Mumbleの導入方法

ダウンロードする

Mumble 1.2.0 beta2




上のリンクをクリックするとこのページが表示されるので、 緑色のボタン「Download Now!」をクリックする。





「Download Now!」をクリックすると、このページが表示されてダウンロードが自動的に開始される。
Your Mumble download will start in 0 seconds...」になってもダウンロードが開始されない場合は、
direct link」か「mirror」をクリックして手動でダウンロードする。




インストールする
ダウンロードしたファイル(Mumble-1.2.0~beta2.exe)を実行する。



起動するとこのようなウィンドウが表示されるので、使い慣れた言語を選択して「OK」をクリックする。






セットアップの指示に従って、内容を確認した上で「同意する」をクリックする。





次へ」をクリック。





次へ」をクリック。





インストール」をクリック。





インストール中。





インストールが終わるとこのウィンドウが表示されるので、「Mumbleを起動」のチェックを外して「完了」をクリック。



起動と設定

インストールが完了すると、デスクトップに「Mumble」と「Mumble (1.1.x 互換)」のショートカットが作られるので
Mumble (1.1.x 互換)」の方を起動する。
(お借りしている公開サーバーのバージョンが1.1.8なので)





マイクを使う人は「はい」をクリックして、音声ウィザードに従って適当な設定をする。
聞き専の人はここで「いいえ」をクリック。





このウィンドウが表示されたら、タブの「お気に入りサーバー(C)」をクリックする。





「 お気に入りサーバー」をクリックすると、接続設定の画面が表示される。





「ラベル」は適当に、「アドレス」にはCSO内のクラン告知[2]に記載されているアドレスとポート番号を入力する。
「ユーザー名」は10文字程度で、CSOで使っている名前など、他のクランメンバーから見て
誰か分かる名前を入力するのが望ましい。
パスワードは無し。
すべての入力が終わったら「追加」をクリックする。




追加」をクリックすると設定したラベル(GaTi)が左に表示されるので
「GaTi」 をクリックして選択した後、「接続」をクリックする。





接続するとこのようなウィンドウが表示されるので、「はい」をクリックする。





接続が成功すると、右の画面にチャンネルツリーが表示される。





サーバーに接続したら、GaTiのチャンネルの「クラン戦1」「クラン戦2」「内戦CT」「内戦T」「雑談」の
いずれかをダブルクリックして入室する。



チャンネルの名前が途切れている場合は、マウスカーソルを「名前」と「フラグ」の間に移動して、
マウスカーソルが矢印に変わったら、その状態で左クリックしたままマウスを右に移動する。
適当な位置まで移動したらマウスクリックを放して完了。










 
inserted by FC2 system